アスリートオブザイヤー2018表賞式&懇親会
開催日●平成31年1月20日(日)
会場●ホテル一宮シーサイドオーツカ

2018年を代表するアスリートを選出して表彰する一宮町アスリートオブザイヤー授賞式が1月20日、ホテル一宮シーサイドオーツカにおいてNPO法人一宮町体育協会の主催で行われました。当日は23人・チームの受賞者、協会所属の18団体、そして一宮町はもちろん睦沢町、白子町、長生村などからも町長、教育長が駆けつけ、約180人が出席して表彰式、懇親会の2部形式で行われました。まず、表彰式で2018年に活躍した23人・チームから敢闘賞、功労賞、奨励賞、努力賞、新人賞を選出、大場体協会長から表彰状と盾が贈られました。次いで会場を懇親会場に移し、全受賞者の紹介とその中からグランプリ1人と会長特別賞2チームを選出して表彰しました。みごとグランプリに輝いたのは空手道部和道会に所属する小学6年生の菊池晴香さん。菊池さんは2018年の千葉県空手道選手権大会の小学6年形の部で優勝、関東大会、全日本と出場を果たしたほか、技の正確性とスピードを武器に県内各地の大会で圧倒的な成績を収め、その活躍が評価されての受賞となりました。また、協会会長特別賞にはママさんバレーボールチームと少年野球チームが選ばれました。ママさんバレーボールチームは県内各地から勝ち上がった32の地区代表で争われた県ママさんバレーボール大会で第3位を獲得。また、少年野球チームは千葉ロッテマリーンズ後援旗争奪千葉県大会でベスト4に輝き、ZOZOマリンスタジアムでプレーするなど、それぞれ一宮町のアスリートにふさわしい活躍が認められての受賞となったものです。
全受賞者は以下のとおりです。(敬称略)
【グランプリ】
菊池晴香(空手道部和道会)
【体育協会会長特別賞】
京葉銀行杯県大会出場ママさんバレーボールチーム(ママさんバレーボール部)
千葉ロッテマリーンズ後援会旗千葉県大会出場少年野球チーム(一宮少年野球クラブ)
【敢闘賞】原翼紗(空手道部剛柔流)/石塚陽翔(空手道部和道会)
【奨励賞】松崎音和(尚武会)/松崎美咲希(同)/千葉県中学生空手道選手権大会出場チーム(空手道部剛柔流)/冨塚大輝(空手道部和道会)/中塩佳那(ウオーターマリンスポーツ部)
【功労賞】冨塚千鶴(空手道部和道会)/松原渚生(ウオーターマリンスポーツ部)/長谷川颯汰(一般) 
【努力賞】館山市青少年健全育成剣道大会出場女子チーム(尚武会)/藤川凌(空手道部剛柔流)/押田航河(空手道部和道会)/平尾玲衣(同)/小髙ことは(同)/酒井悠(同)/岩佐夏帆美(同)/もばらタッチバレーボール大会出場チーム(エンジョイスポーツクラブ)
【新人賞】神馬李桜(空手道部和道会)/酒井環(同)