2016年(平成28年)5月16日

平成28年熊本地震の被災者、被災地を支援する街頭募金活動を実施しました。

協会では5月11日から13日の3日間、午後3時から3時間、平成28年熊本地震の被災者、被災地を支援する街頭募金をJR一宮駅頭で行いました。突然の呼びかけに通行の方々はびっくりされたようですが、温かく募金活動に協力していただきました。特に、下校途中の一宮商の生徒さんには連日のように募金をいただきました。本当にありがとうございました。おかげさまで3日間でトータル66,397円の募金が寄せられました。現在体協所属各クラブ内で実施中の活動で寄せられた募金を加えて、被災者の皆様に贈らせていただきます。

平成27年度一宮町体育協会定期総会を開催します。

期日:5月22日(日)
時間:午後7時〜
場所:GSSセンター会議室

議題:@平成27年度事業報告及び決算報告
A監査報告
B平成28年度事業計画及び収支予算
C新理事の選任
D入会規定及び会員規定について
その他


2016年(平成28年)4月22日

平成28年度長生郡体育協会評議員会報告

期日:4月21日(木)
時間:午後7時〜午後8時半
場所:長生村文化会館視聴覚室

議題:@27年度事業報告及び決算の承認について/会計監査報告について
A28年度事業計画(案)及び予算(案)について
B第57回長生郡民体育大会開催要項総則(案)の承認について
C長生郡民体育協会千葉県民体育大会出場助成金交付要綱の制定について

以上4件の議題について討議し、全て承認されました。
なお、郡民体育大会の開催スケジュールはこちらをご覧ください。このスケジュールは変更になることもあります。


2016年(平成28年)4月19日

平成28年度第1回理事会報告

期日:4月17日(日)
時間:午後7時〜午後8時半
場所:GSSセンター会議室
出席理事:大場謙次郎(会長)/村杉憲(副会長)/鵜野澤一夫(幹事長)/馬渕昌也(副幹事長)/吉野昇(事務局長)/武腰茂信(事業部長)/久我昌文(エンジョイスポーツクラブ部長)/金子健一(施設管理部長)/荒木厚雅(企画広報部長)/土屋英雄(監事)/石原和典(監事)

議題:@新理事選任について
A平成28年度総会について
B入会規定、会員規定について

議題@ 新理事選任について

現在、理事は11名が選任されています。定款では理事総数は15名以内と規定されており、4名の枠が残されていました。そこで所属団体の評議員から4名を選出することとし、3月27日の評議員会で4名の理事を候補として選出しました。それを受けて本理事会では4名の理事候補者を承認し、次の総会に諮った上で理事に任命することとしました。これにより協会活動の推進に所属団体の協力体制も整うこととなり、体協の事業推進に一歩前進することが期待されます。
なお、4名の理事候補は以下の通りです。
富澤佑介氏(テニス部)
飯島康嗣氏(野球部)
松崎有希央氏(剣道部)
和知則子氏(MINT KID'S)

議題A 平成28年度総会について

事務局より平成27年度の事業報告、非営利活動事業収支計算書、その他事業収支計算書が提出、報告があり、原案通り承認され、総会に送付されました。
総会は5月22日(日)、午後7時よりGSSセンター会議室で開催の予定です。

議題B 入会規定、会員規定について

当協会は平成26年6月末にNPO法人として認証され、スタートいたしました。NPO発足時、所属団体は17団体あり、それらの団体は自動的に正会員として認められ、5年間は会費等の納入が猶予されています。しかしながら、今後NPO法人として活動し、さらに規模を大きくしていくにあたっては入会規定、会員規定の整備が喫緊の課題として残されていました。そこで、協会の事業全般に関わる必要な事項を審議する総合企画委員会(委員長・荒木厚雅以下4名の業務執行理事)では、団体正会員、個人正会員、団体賛助会員、個人賛助会員の入会規定及び会員規定について検討を重ね、本理事会に原案を提示しました。理事会では概要の説明があり、各理事が持ち帰って検討し、再度総合企画委員会において各理事の意見等を勘案した最終案を作成して総会に諮ることとなりました。


2015年6月25日

協会幹部が玉川町長と対談


4月に町役場において玉川町長と体育協会との座談会が開かれました。当協会からは大場会長以下3名が出席。協会のポリシー、現状とこれから、その他NPOとなった協会について、広範囲にざっくばらんなお話をさせていただきました。その模様が6月発行の町広報誌「広報いちのみや」に掲載されました。


2015年5月17日

NPOになって初の総会を開催。
25名が出席して27年度の予算、事業計画を承認。理事11名と監事2名を決定。

昨年6月末にNPO法人へ移行したよう協会の、初めてとなる定時総会が5月17日(日)、GSSセンター会議室で開催されました。

出席は専門部評議員13名(欠席4名)、本部から理事10名(欠席1名)、監事2名(欠席1名)の計25名でした。総会では、初年度の決算、事業報告に続き、27年度の事業計画、収支予算が話し合われ、提出の議案はすべて承認されました。また、新しい役員(理事、監事)も選出。理事の中から5名の業務執行理事も選出し、閉会となりました。
新たに選出された理事は以下の通りです(五十音順)。
荒木厚雅(業務執行理事)/鵜野澤一夫(幹事長・業務執行理事)/大場謙次郎(会長)/神代キヨ/金子健一/久我昌文/武腰茂信(業務執行理事)/馬渕昌也(副幹事長)/御園生幹夫/村杉憲(副会長・業務執行理事)/吉野昇(事務局長・業務執行理事)/石原和典(監事)/土屋英雄(監事)

また、総会終了後、引き続き理事会が開催され、事業本部各部の長が会長より指名されました。
企画広報部長:荒木厚雅
事業部長:武腰茂信
エンジョイスポーツクラブ部長:久我昌文
施設管理部長:金子健一


2012年10月26日

全国の社会教育関係者を前に、第54回全国社会教育研究大会において
一宮町体育協会の取組み方を千葉県の社会教育事例として発表

10月26日、山梨県甲府市で第54回社会教育研究大会が開催されました。この大会は「つどえ 富士の国やまなしへ 語ろう 日本の今 これから」のテーマで、甲府市総合市民会館を主舞台に24日から26日までの3日間開かれ、全国から1000人を超す社会教育関係者が参加して開かれました。一宮町体育協会は千葉県を代表して社会教育、生涯学習等の観点からその活動を事例として発表することとなり、村杉副会長と荒木企画広報部長が出席しました。大会は5つの分科会に分かれて研修会が開かれ、一宮町体育協会は「地域の教育力向上」をテーマに掲げた第3分科会(甲府市総合市民会館芸術ホール)で約200人の出席者を前に事例発表を行いました。発表のタイトルは「活気ある地域コミュニティーの創造を目指して 一宮町体育協会の挑戦」。パワーポイントを使い、体協活動をアスリート養成活動、運動習慣創出・育成活動、モチベーション向上活動、地域コミュニティー活動、町事業協力活動の5つのカテゴリーに分類して全国から集まった社会教育関係者に披露し、たくさんの共感を得ることができました。

大会テーマ:学びを活かし そしてつながる まちづくり
期日:平成24年10月24日(水)〜26日(金)
会場:<全体会>甲府市総合市民会館/分科会(甲府市総合市民会館・かいてらす・山梨県立文学館)
主催:一般社団法人全国社会教育委員連合
関東甲信越静社会教育委員連絡協議会
第54回社会教育研究大会山梨大会実行委員会
山梨県社会教育委員連絡協議会・山梨県教育委員会・甲府市教育委員会
対象:都道府県・政令指定都市・区市町村の社会教育委員および社会教育関係者
生涯学習・社会教育に関心のある方
発表タイトル:
「活気ある地域コミュニティーの創造を目指して 一宮町体育協会の挑戦」
(発表:一宮町体育協会企画広報部・荒木厚雅)


2011年11月23日

県内の社会教育関係者が一堂に会した第46回千葉県社会教育振興大会において
一宮町体育協会の取組み方をひとつの事例として発表

ふるさと千葉県の人々が心豊かに、いきいきと生活できるまちづくりのために、社会教育委員並びに社会教育関係者が一堂に会し、各地区の社会教育活動の成果や社会教育の推進について情報交換をする第46回千葉県社会教育振興大会において長生地区を代表して一宮町体育協会では、10月20日の睦沢町での長生郡市生涯学習・視聴覚教育振興大会での発表に引き続き、その取り組みを活動事例として発表しました。

大会テーマ:学びを活かし そしてつながる まちづくり
期日:平成23年11月7日(月)
会場:千葉県総合教育センター大ホール
主催:社会教育委員連絡協議会
対象:社会教育委員、教育委員、社会教育指導員、家庭教育指導員 社会教育関係団体、社会教育関係
職員等
発表タイトル:
「一宮町体育協会の活動について」(一宮町体育協会企画広報部・荒木厚雅)
その他の発表事例
夷隅地区:子ども会活動を通じた社会教育について(勝浦市子ども会育成連合会)
安房地区:南房総市における家庭教育事業(南房総市教育委員会)

   

2009年12月24日

既報の体協会員アンケートは11月末に締め切られ、回収が終了いたしました。
最終の回収状況は以下の通りです。

以上です。現在集計結果をまとめています。


2009年11月18日

ただ今体協では体協をよりよい組織に変革するために「体協ステップアップを考える会」を発足し、いろいろな面からの見直しと新しい試みの検討を進めています。その一環として、会員の皆様を対象に体協とスポーツに関するアンケートを実施しています。締切は11月22日となっていますので、まだ未提出の会員は忘れないように所属各理事までお出しくださいますようお願いします。18日現在の回収状況は以下の通りです。これ以外のクラブはまだ回収されていません。締切期日前でも結構ですので、回収終了の場合は早めにご提出ください。


2007年7月20日発行号から町発行の「広報いちのみや」誌に体協枠が新設され、体協ニュースを掲載しています。体協活動の最新情報、各クラブの紹介や動き、イベント情報など体協と各所属クラブのニュースを取り上げていきます。ぜひ、ご活用ください。
今後、取り上げて欲しいニュース、記事等ありましたら、広報班までご連絡ください。各号の原稿〆切は発行前月の15日となります。

なお、詳細をご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。パソコンにインストールされていない場合は、こちらにアクセスしてインストールしてください。

2017年5月20日発行号(詳細はClick!)