エンジョイスポーツクラブ・ニコリ
「すもう体験教室」開催

2018年9月15日 (土)東浪見小学校にて幼児体操教室ニコリ主催のすもう体験を行いました。予定では一宮海岸の砂浜での「ビーチすもう大会」でしたが、あいにく天気の状態が悪く、会場を急遽東浪見小学校に移しての開催となりました。すもうの指導は、千葉県の元国体選手の今井先生、尾上先生、現役アスリートの佐藤選手、森田選手。教室の参加者は、いつものニコリのメンバーに加えて、小学校、保育園から一般参加してくれた子どもたちが総勢26名、ふだんは目にすることのない大きなカラダの力士たちをみて、驚いたり、恐る恐るだったり、いつもとは違う教室のようすに、これから何が始まるのか興味津々。開催にあたり体育協会大場会長から一宮町出身の力士芳の里(二所ノ関部屋所属・最高位は前頭12枚目)のエピソードなどで子どもたちにすもうとのつながりを紹介してもらいました。ふだんの教室のとおりニコリの吉野先生の合図で早速スタート、指導の今井先生、尾上先生がニコリに来ていただいたのは今回で3回目で、ストレッチから始まり、すもうの基本であるシコ踏み、スリ足を行い、次は取り組みの実技と、子どもたちが楽しくすもうを体験できるようスピーディーな展開。小さなカラダの子どもたちが、大きなすもう選手のカラダにぶつかっていき、取っ組み合いをカラダで覚えます。さらに子どもたち同士の取り組みを行い、カラダをぶつけ合って押したり引いたり投げたりするすもうの面白さをめいっぱい体験しました。すもうの実技の後は子どもたちと力士の綱引き大会、小さな幼児たちとはいえ集まって綱を引けば大きな大人が踏ん張っても力で敵いません。これには指導の力士たちも「すごいね」「参った」。笑ったり、泣いたり、大声で叫んだり、子どもたちが小さなカラダのありったけを使って、あっという間に予定の1時間がすぎて、最後に子どもたち全員で大きな声で「ありがとうございました!」と元気に御礼をいってしめくくりました。

クラブTOPへ  クラブNEWSへ  最新情報へ