期日:
令和元年9月22日(日)
会場:
一宮町GSSセンター

9月22日 (日)、GSSセンターにて「スポーツで元気いっぱい!親子体験イベント」を行いました。このイベントは毎年秋に行われる千葉県教育庁が推進する「スポーツ立県ちば推進月間」として、一宮小学校・東浪見小学校に通う児童の家庭を対象に、一宮町スポーツ協会エンジョイスポーツクラブで主管したものです。
今年は10組の小学生親子が参加して、家族がいっしょに楽しめるスポーツとしてファミリーバドミントン、タッチバレーを行いました。どちらの種目も通常のバドミントンやバレーから、年齢差や体力差が勝敗に直結しない工夫がされていて幅広い年代でいっしょにプレイできます。
インストラクターには一宮町スポーツ推進委員およびFBIラビッツクラブの協力をいただき、参加した小学生たちもはじめての種目に最初は戸惑いながらも、ラケットやボールに触れるうちにやり方を覚えて、参加した家族同士でゲームを楽しめるように上達しました。最初は思うようにボールに当たらず、悔しい思いをしていた小学生も丁寧な指導でコツを覚えてゲームをする楽しさが感じられるようになったのではないでしょうか。本イベントをきっかけとして、日常的にスポーツを楽しむ家族が増えること、そしてスポーツを通したコミュニケーションで明るく健康な風土が広まることを願っています。
なおエンジョイスポーツクラブではこれらの種目を取り入れた活動を毎週日曜日午後にGSSセンターで行なっています。ぜひいちど遊びに来てください。