期日:
令和元年9月14日(土)
会場:
一宮海岸海水浴場

9月14日 (土)、一宮海岸海水浴場の砂浜にて、毎年恒例となった幼児体操教室ニコリ主催の第4回ビーチすもう体験を行いました。昨年と一昨年は台風の影響で小学校体育館での開催でしたが、今年は晴れて潮風が吹く海辺で行うことができました。このイベントは千葉県教育庁のトップアスリート等活用事業とタイアップして、国体の指導者とアスリートを県から派遣してもらい、実施しています。
すもうの指導は、毎年来ていただいている尾上先生に浅野先生を加え、現役アスリートの佐藤選手が行ってくれました。教室の参加者は、いつものニコリのメンバーに加えて、小学校、保育園から一般参加してくれた子どもたち。ふだんは目にすることのない大きなカラダの力士たちに驚きながらも、いつもの教室のとおりニコリの吉野先生の合図で早速スタートします。佐藤先生のストレッチから始まり、すもうの基本であるシコ踏み、スリ足、押し出しを行い、取り組みのやり方を浜辺の砂を裸足で踏みしめながら覚えていきました。取り組みの実技では小さな子どもたちが、大きなすもう選手にぶつかっていき、カラダで覚えます。力士の大きさに泣き出す子どもも他の子どもたちの楽しそうな声に勇気づけられて恐る恐るながら次第にすもうを取っていきました。
最後は恒例の子どもたちと力士の綱引き大会、小さな幼児たちとはいえ集まって綱を引けば大きな大人が踏ん張っても敵いません。今年はお父さんお母さんたちも飛び入りしての綱の引き合いになりました。
笑ったり、泣いたり、大声で叫んだり、子どもたちが小さなカラダのありったけを使って、あっという間に予定の1時間がすぎて、最後に子どもたち全員の「ありがとうございました!」と元気な御礼の声が海岸に響き渡りました。