開催日●
令和元年10月14日(日)
会場●
稲毛小学校

今大会は4チームによるリーグ戦で3試合が行われました。1試合目はケガから復帰した選手の積極的なプレーもあり、第1ピリオドを1点に抑える絶好の滑り出し。第2ピリオドに入るとディフェンスへの集中が途切れ、追いつかれそうな展開になったものの、後半、ベストメンバーで挑むとリバウンドを取り、ディフェンスからオフェンスへの転換が素早く、スムーズにと練習の成果を発揮して勝利。2試合目の前半はミスが多く簡単にシュートを許す場面が多かったが、10点差から逆転して後半へ。後半は体格差に苦しむものの足を使ったディフェンス、そしてパス&ランから点差を広げ勝利した。3試合目はシュート率の悪さとミスの連続。相手のパス回しの速さと的確な攻撃に終始圧倒されたゲーム展開。第4ピリオドに入ってやっと自分達本来のプレー展開に持込み接戦へと追い上げたが、最後は焦りで追いつく事が出来なかった。監督からディフェンスとは相手のミスを誘い、簡単にシュートさせないこと。オフェンスとは自分達がミスをしないこと。上手いチームはこれがちゃんと出来ている。自分達のプレーをもう一度考え直し練習に臨むように指導された。優勝を目指すためにもっと練習でプレーに磨きをかけ、次の試合に臨みます。


試合結果<準優勝>


VS稲岡ライトニング
39-24 勝ち
VSさつきが丘ハイスピリッツ
48-30 勝ち
VS AYAMEキッズ
30-37 負け


優秀選手 遠山卓
敢闘賞 佐藤拓海