期日:
令和元年8月31日~9月1日
会場:
茂原市立西小学校(8/31)
一宮町GSSセンター(9/1)

この夏、最後の大会。初戦は緊張して声が出ない選手が多く、スタート時は練習の成果が思うように出せず、シュートミスも続き前半はリードされる展開。後半はベストメンバーで挑み、体格差で勝るチームであったがディフェンスを中心にリズムを作り、逆転勝利に繋げた。続く試合は第1ピリオド開始直後にファールを犯すなど、気持ちの切り替えができずミスが続く序盤であったが、徐々に本来の調子を取り戻し、終始リードしたまま後半へ。後半は大量リードを背景に沢山のメンバーを出場させて経験を積ませつつ、明日の決勝リーグにつながる勝利となった。
決勝リーグ初戦は予選の良い状態を保ったまま挑むことができ、第2ピリオド途中まで0点に抑える展開。シュート率も上がりリードを保ったまま前半終了。後半は疲れからか足が止まり、パスミスも目立ったものの危なげなく決勝戦に進むことができた。
絶対に優勝すると挑んだ決勝戦、今期5度目の対戦となるチームとなった。スタートから点の取り合いでお互いに一歩も譲らず第2ピリオドまでワンゴール差。第3ピリオドからパスやキャッチングでミスが多くなり徐々に点差が開き、残り1分となったところで9点差。しかし、ここから怒涛の追い上げをみせて5点差まで詰め寄ったものの敗戦。準優勝という悔しい結果で終わった。

試合後、監督やコーチからは、「失敗しても諦めない気持ちがあったから、最後追い上げることができた。追いつけない原因はちょっとしたミスもあるが、味方のフォローが足りていないこともある。普段の練習から試合を想定して工夫するように」とアドバイスされました。ただ、この暑い夏を乗り切って、選手たちは確実に成長、この敗戦を糧に次のステップへ進みます。

<試合結果>
準優勝

予選リーグ
VS睦沢アウレッツ 47-31勝ち
VS白子MBC    70-22勝ち

決勝リーグ
VS白子MBC     61-22勝ち
VS長生ルシファーズ 41-46負け

優秀選手 遠山拓